親知らずを抜歯してもらいました。

診察

7月に歯が欠けたので、歯医者に行きました。欠けた歯の治療は終わりましたが、他にも虫歯が見つかったので、月に数回通院しています。
そして、親知らずにも虫歯があり、今後虫歯が進行するだけなので抜歯してもらう事になりました。

親知らずは過去にも抜歯してもらいました。既に3本抜歯してもらったので、残り1本となっていました。

1本目は左下でした。この時は虫歯になっていませんでしたが、隣の歯を圧迫していて、凄く痛かったです。歯だけではなく肩まで痛くなってしまい、仕事も出来なくなって日常の行動にかなり支障をきたしていました。生え方が斜め上になっていたので、割とすんなり抜歯してもらえました。その後、肩の痛みはなくなり、凄く楽になった記憶があります。

2本目は右下でした。これも斜め上に生えていましたが、歯磨きの時に歯ブラシが届きにくい所にあったので、虫歯になっていました。虫歯になっていたのはなんとなく認識していましたが、歯医者に行かず、放置していました。
しばらくすると痛みを生じるようになり、熱い物や冷たい物を口にすると凄く痛くなったので、歯医者に行って抜いてもらおうと思っていました。
「早く抜歯して欲しい」と思っていましたが、レントゲンで歯の位置を医師が確認した所、歯の根っこが神経のすぐそばにあるので、抜歯の際に神経に当たる可能性が高いので、「うちでは出来ません」と言われました。そのため、他の歯科医で対応してもらうことになり、大学病院へ紹介状を書いてもらうことになりました。虫歯なので痛みがあるので、虫歯の部分に被せものをしてもらい少し治療をしてもらい診察が終わりました。
この時、「そんな危険な所に生えていたんだ。難しくなるのかな」と不安に思い、突然貧血状態になり、倒れそうになってしまい、医師に支えてもらいました。そして暫く歯科医院のベンチで横になり、スポーツドリンクをいただきました。
それから一週間後、大学病院の口腔外科に行きました。不安になりながら診察台に座り、抜歯してもらう事になりました。思っていた以上にすんなりと終わりました。

3本目は右上でした。かなり奥に生えていたので、食後いつも物が詰まっていました。歯ブラシも全く届かないので、「いつかは虫歯になるだろうな」と思っていました。そうは思っていたものの、痛みを感じる事はなく、過ごしていました。
ある日の夜、突然激痛が走りました。今まで感じた歯の痛みの中で一番痛かったです。口からコメカミにかけて痛みがあり、痛みは全く収まりませんでした。冷たい物を口に含むと少し痛みは収まりますが、持続しませんでした。夜中もずっと痛い状態だったので、全く寝られませんでした。
この時は障害者支援施設に入所していた頃で、車椅子に乗っていました。車輪を回す時、肩に力が加わってしまうと、更に痛くなっていました。
この日は土曜日だったので弟に車で来てもらいました。そして、最寄りの歯科医院に電話して予約を取りました。
なんとか歯科医院に行くことが出来ました。歯は真っ直ぐに生えていたので、割と簡単に取れました。
抜歯後、肩やコメカミの痛みがすっかり取れました。

そして今回の4本目は、日常的に痛みはありませんでした。抜歯が決まった時、余計な歯なので早く抜歯してもらいたいという思いと、抜歯に対してなぜか不安感が生じてしまい、色んな感情が交錯していました。
この時の抜歯もスムーズに終わりました。この歯も下に真っ直ぐに生えていたので、事前に歯科医から「直ぐに終わりますよ」と言われていました。

全ての親知らずを取ってもらって、なんとなくスッキリした気分になりました。

今までの抜歯を思い出してみますと、縫合されたのは、一番最初の左下だけだったと思います。どの歯も変な生え方をせず、埋没もされていなかったので、どれも比較的簡単な抜歯だったようです。

親知らずは虫歯になりやすいようなので、虫歯になる前に治療なり抜歯するなどして、対応することをお勧めします。

大抵の歯科医院では、抜歯した歯はもらうことが出来ます。今回ももらいました。こんな可愛らしいケースに入れてもらいました。
実際の歯は虫歯だらけで歯垢もついていたりして結構グロテスクなので、写真は掲載しないでおこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました