完済まで12年かかった借金返済記⑨「生活費が間に合わず」

借金返済

転職をして、新しい仕事に就く事になりました。大手住宅メーカーの下請け会社で、住宅資材の製造をしていて、私は大手住宅メーカーの工場に出向し、そこで製造の作業をすることになりました。

試用期間は3ヶ月で、その間の給料は日給7,000円でした。休日は日祝日と隔週土曜日となっていました。おおよそで計算すると、1ヶ月だと25日位の出勤となっていました。勤務時間は8:30~17:30で休憩を除くと8時間勤務でした。

私が入社した頃は製品の受注が沢山あり、毎日忙しかったです。初出勤の日は22時まで残業がありました。ずっと忙しい日が続き、1ヶ月以上22時までの日が続きました。
仕事にまだ慣れていないのに連日残業の日が続いたので、体力的に辛く疲労が溜まってしまいました。私の仕事は機械で住宅パネルを運ぶ事がほとんどでしたが、よく動き重い物を時々持たないといけなかったので、肉体労働でした。
仕事場はエアコンのない工場で、しかもそばに住宅の外壁の塗装を乾燥する巨大な乾燥機があったので凄く暑かったです。夏場の昼間は42℃くらいまであがっていました。

慣れない環境で疲労が蓄積してしまい、入社して2週間ほど経った頃に休んでしまいました。身体が重くて動かなくなりました。それからは出勤と欠勤を繰り返すようになり、体調を崩す日が続いていました。

休んでいたのは私だけではなく、他の社員たちも入れ替わるように休んでいました。同じ頃に入社した人で辞めていった人も数名いました。

欠勤が多かったので、当然給料は低くなってしまいます。もし休んでいなかったら、残業が多かったので、手取りで1ヶ月20万以上は貰えていたと思います。

しかし、沢山休んだので手取りは10万円くらいでした。これでは家にお金を入れても、手元には僅かしか残りません。車にガソリンを入れられず、出勤も出来なくなります。

私は就職前にハローワークから失業手当を貰っていました。受給できる90日間以内に就職したので、再就職手当を貰えるようになりました。
その手当を支給できるよう手続きをしましたが、銀行に振り込まれるまで1ヶ月近くかかります。すぐにそのお金が欲しかったのですが、早く貰うことは出来ません。

消費者金融の融資可能額が僅かにあったので、それを借りましたが、とてもじゃないけど再就職手当が振り込まれるまで持ちません。

これ以上借金をしたくなかったのですが、やむを得ず新たに消費者金融で契約してみようと思いました。向かった所は、テレビのCMでよく見る大手の「P」です。
家から割と近くに自動契約機があったので、会社が休みの日曜日に行きました。自動契約機を利用したのは初めてでした。

ガイダンスに従って書類を書き、身分証明書の免許証を提示しました。自動契約機に入って約20分で契約が完了しました。最初の融資可能額は20万円でした。「なんとか1ヶ月生きていける」とホッとしました。

契約終了後、同じ店舗にあるATMでお金を出しました。最初は5万円くらい出したと思います。そして、何を思ったのか、そのお金でラーメン屋さんに行きました。まるで自分のお金のように感じていたのかもしれません。

これで毎月の返済額は、合計14,000円くらいになりました。

そして1ヶ月後、再就職手当が入りました。しばらくは借金に頼ることなく生活していけそうだと感じていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました