完済まで12年かかった借金返済記㉑「これ以上負債を増やさず、慎ましく生活」

借金返済

借金生活にどっぷり使ってしまい、首が回らない状態になっていました。毎月給料が入ると直ぐに銀行から下ろしてサラ金周りをしていました。たいてい仕事が終わってからいつも回っていました。

この頃の返済額は、消費者金融だけでLK15,000円、AC15,000円、PR15,000円、AF7,000円、DI7,000円、HC7,000円、NC10,000円、SF5,000円で、合計81,000円となっていました。
この時点で負債額は合計約240万円でした。更に中古車ローンが毎月1万円ありました。

このうち、消費者金融へ返済する時は、最低金額のみ入金したり、返済後また融資を受ける形になっていました。
そのため、合計81,000円の返済額のうち、実際に返済に充てたのは合計67,000円位でした。実質的に利息のみを入金しているので、借金は一向に減りません。減っていたのは、融資不可能で返済のみ対応していた所でした。

毎日、仕事をしていても家にいても頭の中はお金の事だらけでした。落ち着いて仕事が出来ず手に付かない時もありました。その影響で、普段はいないであろうイージーミスをしてしまい、上司から呼び出され事情徴収をされたりして、仕事面でも影響が出ていました。

同じ頃、同じ会社で違う部署の人が多重債務になり、借りている駐車場の料金を滞納してしまい、会社まで取り立てに来ていました。
それを見て「いずれ私にも取り立てが来るのではないか?」などと思い込んでしまい、不安を抱えながら過ごしていました。

そして、会社の給料だけでは生活が苦しいと感じ、アルバイトをするようになりました。アルバイトは中古車バイクを販売している会社のチラシ配りでした。そのチラシには「バイク買取します」と書いてありました。
チラシに投函した人の名前を書いて、そのチラシを見た人からバイクを買い取れば歩合で報酬が貰えるものでした。

よくよく考えてみると、バイクを売った人が投函した人の名前を言ったとしても、その証明がありません。なので、店側が誤魔化す可能性が非常に高かったので、報酬は見込めないと思い、1ヶ月もしないうちにやめました。配っても報酬はなかったので、99%タダ働きになっていました。
ちなみにその店は、私が辞めてから数ヶ月で閉店し、跡地は跡形もなく無くなっていました。

そんな毎月の高額な返済で苦しい思いをしていましたが、徐々に僅かながら楽になっていきました。
消費者金融への返済は大変でしたが、中古車ローンが終わり、延滞していた携帯電話代も払い終わりました。これだけで毎月4万円近くの出費が減ったので、負担が軽くなりました。

そして、携帯電話依存症も落ち着きはじめ、以前は毎月4万円近く利用していましたが、あまり使わなくなったのと料金を見直した結果、約2万円に収まりました。2万円でも高いくらいでしたが、一時期6万円以上使っていたことを思い出すと、結構な進歩でした。

それから、仕事が忙しくなり、残業時間が増えました。当時は三交代勤務で働いていて、主に昼から夜までのシフトの時に残業が多かったので、深夜勤務手当が上乗せされていました。
収入が増えた分、返済に充てる事が出来るようになり、少しゆとりが出始めていました。

あなたを借金返済から解放する方法 | 弁護士法人ミネルヴア法律特許事務所, 小林 一俊, 小林 一俊 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで弁護士法人ミネルヴア法律特許事務所, 小林 一俊, 小林 一俊のあなたを借金返済から解放する方法。アマゾンならポイント還元本が多数。弁護士法人ミネルヴア法律特許事務所, 小林 一俊, 小林 一俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またあなたを借金返済から解放する方法もアマゾン配送商品なら通常配送...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました