リハビリ生活

リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑯ リハビリ中心生活の始まり

転院して2日目の朝を迎えました。起床時間は6時でした。前の病院より30分早かったです。消灯時間が21時なので、消灯から起床までの時間は9時間なので、前の病院より30分長くなっています。 とりあえず車椅子に乗りたいので、起きてすぐに...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑮ 転院先の病院へ到着

病院を出て約20分後、転院先の病院へ到着しました。こちらの病院は回復期リハビリテーション病棟があり、リハビリ専門の病院です。 これからは、リハビリに専念した入院生活となります。 受付で改めて入院の手続きをして、病棟の看護師が...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑭ 新たな入院生活のはじまり

転院当日の朝を迎えました。ある程度の荷物をまとめて、準備万端で待機していました。 胃のポリープ除去の手術は、「転院先での生活が落ち着いたら、また病院に来て下さい」と、消化器内科の先生から言われました。 出発前に母が来まし...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑬ 転院前の前夜に洗髪

外出をしてソフトバンクショップで欲しいゲームアプリをダウンロードして、楽しみが増えたので、少しウキウキしていました。 夕食前、髪の毛だけでも綺麗にして行きたかったので、洗髪台で髪の毛を洗うことにしました。 以前から抜け毛が多...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑫ 転院前に少し外出

転院が決まってからは、当日を迎えるまで意気揚々としていました。 転院前に、看護師に外出出来ないか相談してみました。すると、2時間なら外出可能だと言われました。 外出したかった理由は、当時使っていたiPhone 4Sでアプリの...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑪ 主治医から転院のススメ

病気の原因が分かり今後の理療方法が決まってから、毎日1時間のリハビリを受ける日々を過ごしていました。 リハビリ以外の時間は病室で過ごす時間が殆どでした。スマホでネットサーフィンをしたり動画を見たり、ゲームをしていました。後は移動図...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑩ 他の患者との人間関係

病室には様々な個性の患者がいました。皆、私より年上の人ばかりでした。病室は静かなところだと思っていたのですが、私のいた病室は全然違いました。 私の横の人は、一人だけだと静かですが、奥さんがよく喋る人で、いつも病室で話をしていま...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑨ 入院生活の暇つぶしに試行錯誤

一通りの検査を終えて病気の症状と原因、そして今後の治療方法が判明しました。原因は貧血が悪化して脊髄と末梢神経に後遺症が残り、麻痺が起こったそうです。今後は薬を飲みながらの治療となります。 そして、リハビリを継続していくことになり、...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑧ ある意味残念な検査結果とホッとした結果

胃の内視鏡検査から数日後、検査の結果を担当医師から告げられました。「胃の中にポリープがあり、組織の一部を取り生体検査を行った結果、悪性のものではないので異常はありません」と言われました。 異常はなかったことで胸をなで下ろし、ホッと...
リハビリ生活

身体障害者が回復を目指して⑦ さらに検査は続く

骨髄の検査を終えてから2日後、再び血液検査をすることを告げられました。今回の検査は非常に緻密な検査になり、同意書にサインを求められました。血液検査で同意書が必要な検査は、一つしか思い浮かびません。「もしかしたら、HIV検査?」と思いまし...
タイトルとURLをコピーしました